合資会社銭屋鋼産 zeniyakousan.com
ZENIYA-KOUSAN -think about resources balance
メニュー 会社概要 事業内容 経営ビジョン リサイクルシステム 工場設備内容 許認可一覧
メニュー 企業目標・行動指針 求人案内 関連リンク サイトマップ お問い合せ(メール)

会社概要


 社名
株式会社銭屋鋼産
本社
 所在地
〒489-0859
愛知県瀬戸市山路町4-15
 
TEL(0561) 84-1195
 
FAX(0561) 82-9165
    E‐mail info@zeniyakousan.com
 創業
昭和8年7月
 代表者
山口記由
 従業員数
20名
 事業内容
建築物の解体処理、機械設備撤去、
鉄・非鉄金属など金属材料の処理・再生、 産業廃棄物の運搬・処理
 取引銀行
名古屋銀行瀬戸支店、瀬戸信用金庫山口支店、十六銀行瀬戸支店
 アクセス
    求人案内へ



会社沿革


 昭和8年 7月     屑物売買業として永田商店(瀬戸市東本町)を創業
 昭和27年 4月     瀬戸市共栄通に移転
 昭和36年 6月     代表社員に山口志奈野が就任
 昭和38年 10月     瀬戸市北浦町に移転、社名を合資会社銭屋鋼産に変更、
代表社員に永田博昭が就任
 昭和46年 1月     犬山市前原に自動車解体工場を新設
 昭和53年 4月     産業廃棄物収集運搬業務の許可を受け、同業務開始
 昭和60年 4月     瀬戸市海上町に鉄屑加工処理・鋳物破砕工場を新設
 昭和60年 6月     愛知県の道路拡張工事に伴い犬山工場の一部を売却し、同工場を閉鎖
 昭和61年 2月     瀬戸市海上町に本社を移転
 平成 3年 7月     営業部長に山口記由が就任
 平成 10年 3月     瀬戸市山路町に本社を移転
 平成 14年 5月     代表者永田博昭退任、山口記由が代表社員に就任


これまでの業務のご案内

■万博関連
 2005年、3月から9月までの半年間、瀬戸市と長久手町で開催された「愛・地球博」は、来場者数も予想をはるかに超え、人々の心に感動を残し、成功をおさめました。9月、私達の社長も閉会式に招待していただき、無事閉幕できたことを喜び、感無量の様子でした。

 当社では、閉幕後、廃材の回収業務や、パビリオンのひとつとなった「クロアチア館」のエレベーターの処理等をさせていただきました。私達社員も、この世界的に意味ある「万国博覧会」という催しに参加・協力できたことを誇りに思っています。そして、この感動をこれからも生かし、お客様に喜んでいただけるような業務に努めていきたいと思います。

(中部経済新聞:2005年10月7日)
 

↑上へ



合資会社銭屋鋼産

〒489-0859 愛知県瀬戸市山路町4-15
TEL (0561) 84-1195 FAX (0561) 82-9165

メール :メールのお問い合せはこちら

Copyright © zeniya-kousan. All right reserved.

トップページへ